弁護士の活躍の幅は任期付職員がいるぐらい広い

弁護士というと単に法律関係に詳しいスペシャリストだったり、裁判所で意見陳述として被告や原告の弁論を助けたりする印象が強いと思いますが、仕事の幅は、それだけでなく依頼主が個人から法人まで、活躍の場も日本国内にとどまらず国際的に広がっているなど、すごく広いのが特徴です。

また仕事をする場所に関しても、法律事務所が中心と考えられますが、実は市町村など自治体によっては任期付職員として弁護士を採用しているところもあります。ところで、個人関係の例としては過払い金の返還請求の他にも、最近では成年後見制度を使いたいという依頼も受けられます。この制度は裁判所に申請するので、この代理的な役割を担っています。

また、企業関係の例では不当にタックスプランニングをして法人税などを大幅に脱税して利益を独占しているなどの問題に対応することが挙げられます。この事実が認められば、その企業はプレスリリースなどによって社会に周知されます。

 

銀行が消費者金融と提携

銀行が消費者金融と提携するようになっています。銀行は貨幣を大量に持っているわけですから、それを貸し付けるわけです。しかし、それでも個人に対する無担保であり、無保証の貸付は不得意であったのです。ですから、消費者金融と提携をした、ということです。別に最近になって開始したことではなく、それなりに昔から個人に対する無担保の貸付というのはしていたのです。

ですが、なかなか資料がなかったり、或いはノウハウがなかった、というのも確かです。そして、その後、消費者金融の黄金時代を迎えることになります。しばらくはそれが続いたのですが、その後、過払い金請求問題などによって凋落します。そこで銀行と手を組む、という方向性に進んだわけです。

基本的にはそれは消費者にとっては有難いことでした。何しろ、借りることができるようになるところが増えるのは確かなのです。上手く活用して、資金繰りにすることがお勧め出来るといえるでしょう。

 

ノンバンクの良いところ

ノンバンクの領域というのは、意外と曖昧になってきています。昔は一般的な無担保、無保証の金融サービスといえばノンバンクの領域であったのですが今では銀行もかなり積極的に意識して営業をしています。ちなみに銀行のカードローンだと思っていたらノンバンク経由で借りていることになっていた、ということがよくあります。

要するに保証業務をノンバンクに委託している銀行があるのです。もちろん、あくまで借りているのはその銀行からではあるのですが保証を受けているのはあくまでノンバンクからなのです。とりあえず年利が高い傾向があるのは確かですから、借りるときには注意をしたほうがよいでしょう。ちなみに増資をしてもらうことも意外と簡単にできます。

但し、その都度、審査を受けることになります。増資をする場合はさすがに金融信用情報がどうなっているのか再判断をすることになるからです。或いは相手から増資可能です、といってくることもあります。

 

オリックスが金融をやっています

オリックスというのは実は金融サービスもやっています。元々リース業がメインの商売であったわけですから、そこまで珍しい発展の仕方ではないのですが今では多角的に金融差サービスも提供しています。お金を借りることができる、ということです。それもカードローンもやっていますから土日も借りることが可能になっています。

これが実に有難いことであるといえるでしょう。目的は事由であり、例えば健康食品のサプリメントを買うのもありですし、服を買うのもよいでしょう。旅行の費用にすることも可能になっています。ギャンブルなどは駄目、ということになっていますが常識的な買い物に関することであればカードローンは利用することが可能になっています。

こうしたサービスは色々なところがやっていますから、積極的に活用できるようにしておくとよいでしょう。何かと役に立つサービスであることは確かであるといえるでしょう。使えるようにしておくのがベストです。

Published by